2014年09月 の記事一覧

負けた時に考えること


どうも、こんばんは。


今日はふと思ったことがあるのでそれを書こうと思います。



僕は基本的に、自分では何でもできて優れているんだと思っていました。


実際に学生時代はある程度のことが目の前に迫っても

人よりできていたし、一番なんだと勘違いしてました笑


でも、最初に始めたビジネスでは結果はなんとか出たものの

経営者として、リーダーとして自分の未熟さを思い知りました。


自分って何もできなかったんだなと痛感した時期です。


それから、たくさんの人と出会って色んなことに触れてきましたが

自分のセルフイメージと現実のギャップに挫折を繰り返し

一時期は借金まみれになってしまいました。笑


実際は笑えなかったんですが。。。。。泣



でもそのおかげで、自分を見つめ直すことができました。


自分はどういう人間なのか、たくさんの出会いと経験の中で

自分ってこういう性格なんだとか

自分ってこれができないんだとか

自分ってこれが嫌いなんだとか

自分ってどう思われたいんだとか

長所も短所も好き嫌いも、人と触れて初めて分かりました。


器用貧乏なもんだから、すぐにある程度出来て飽きてやめちゃうし

何かに打ち込んだり、長く集中できたことなんてなかったから

その何かと向き合っていく自分を見たことがなかったんですよね。。


だから、こうやって遠回りして遠回りして、少しずつ分かってきたって感じです。


何で投資の話から一転してこんなことを書こうと思ったかというと

これは僕が投資をする上で非常に貴重な経験だったからです。


みなさん、トレードのルールってありますよね?

こういう時はしないとか、こうなったらロット数減らすとか

僕にもルールはあります。

でも僕って、自分をすぐ見失って暴走することがよくあったんです。

だから、その為に必要なルールっていうのは

自分を最高の状態にするためのルールなんです。

僕はダメだと思うことが多すぎて、ルールは細かくなってしまってますが笑


最高の状態っていうのは、自分の長所が活かせて、短所をなくせている状態のことです。

自分と向き合っていくことができるようになってからは

失敗の原因を探す時に考えることがはっきりしています。


探す対象は

相場と自分の中です。

相場の状況やミスで失敗してしまうこともあります。

あっちなみに負けが全て失敗ではなく、負けをある程度許容して
エントリーすることもあります。


でも、それ以外のことで失敗するのは、自分以外の何者でもありませんよね。

分かっているのにやってしまったというような失敗です。


だからそんな時は自分の短所が出てしまわないようなトレードルールを作ります。


一つずつ向き合って、少しずつ修正して

自分が最高の状態になるようにしています。

トレード日記を付ける理由はここに大半のウエイトを占めています。

もちろん長所を活かすためのものでもあります。

相場においての長所は知識と経験で養われるので

行く時はリスク背負ってでも自信もってとことん行きます。


負けが続いてしまう時は、大抵こういうところに原因があって起きていることが多いです。



僕は昔は一つが崩れると、何もかもに影響がいってしまいがちだったので

生活の一つ一つを丁寧にやっていくようにしています。

生活に対して、

ビジネスに対して、

人に対して、

物に対して、

お金に対して、

人生に対して、


僕は良くも悪くも一番のパーソナリティは真面目だということだと

思っているので、一つ一つを丁寧にやっていくことが


自分の人生であり、自分のトレードです。


今のトレードに対して少しでも不満があるのであれば

自分の変化を見たことがないのであれば

是非、自分を見つめなおしてみて下さい。


何か見えるかもしれません。


と、真面目な話でした笑


次は相場のことを書こう笑


では今日はこのへんで!